■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:11月26日

娘を健康に育てたいと思うなら、
1日3度の食べる事をしっかりと与えて、
それ以外ではおやつを与えないのがベストだと思う。

娘は午前10時や午後3時には
ウエストがすき始めるのだから、
この時間帯には娘を外に連れ出して、
外で遊ばせれば良い。

小学生なら何かしらの習い事をさせて、
おやつにありつけないようにしてしまえばいいのだ。

…とは言いつつも、
いつも娘たちからの
おやつの要求をかわし続けることはできない。

例えば
大雨の日などは自宅に娘たちがいるので、
おやつを母親にせがむようになる。

こういう場合、
娘たちの要求を否定できたとしても、
他の違う所で反抗して来るので、
非常に厄介なことになってしまう。

ウエストをすかしても
我慢するということが身についていないために、
その怒りはかなり激しいものがある。

そこでこの手の理不尽な要求には
「木の実」を与えることで、
娘たちの願望を満たしてあげよう!

「木の実」は
娘たちにとって、
最高のおやつになりうる。

「木の実」には多少の糖分が含まれているので、
血糖値の低下を抑えることができるし、
しかも、植物性蛋白質と物性脂肪が豊富に含まれているし、
ビタミンやミネラルも大量に含んでいるので、
娘の健康に害がないどころか、逆に健康の増進につながる。

しかも、
木の実には多少の糖分が含まれているが、
食べる事になる頃にはもう充分に血糖値が下がるようになり、
正規の食べる事になれば、
きちんと食べる事を食べるようになるのだ。

市販のお菓子を与えると、
娘が食べる事を食べなくなったり、
好き嫌いを言い出して困っている母親にとってみれば、
木の実というのは非常に有難いおやつなのである。