■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症


■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。




■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:09月23日

1週間位前、実家の家族全員でスキーに出かけた。

祖母からはじまって、パパとお母さん、
弟夫婦と子供、いもうと夫婦と子供、
そしてわしたち夫婦とむすめ。
総勢、14人の大旅行。

場所は、パパの実家がある福井県の山の中。
小さい頃は、夏休みなどによくパパの実家に家族で遊びに行った。

近年は全く行っていなかったから、
前にいつ訪れたか記憶にない。
恐らく、10年以上は経っているだろう。

雪に覆われた山道を、パパの運転で進む。
昔もずっとパパが運転してくれた道だ。
昔と違うのは、10人乗りの大きな車に家族が大騒ぎで乗っていること。

それは、人数が増えただけにとどまらない、
本当に大きな変化を感じるひとときだった。

思い返せば、その始まりは一昨年の夏にあった。
お母さんが、一族みんなで旅行に行くと言い出したのだ。

最も忙しいわしの予定を聞くのもそこそこに、
お母さんは弟と着々と計画を進めて、
その夏は、はじめて14人での大旅行が決行された。

その時は、まだ何かしらぎこちなかったところもあった気がする。
でも、それはとても楽しい旅行だった。
今思えば、家族の土壌が固まってきた証だったと
わしは思う。

昨年の夏は、予定通り、大家族旅行が、
まるで何年も行なってきた恒例行事のように行なわれた。

そして、クリスマスには、何の計画もなかったのに、
急にクリスマス会をやろうと声がかかり、また集まった。

スキーの話は、その時にでた話だったが、
お母さんから予約をしたから予定を空けておくようにとの連絡が入ったのは、
年が明ける前だった。

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人生が変わるレーシック手術