■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:01月01日

呼吸をしたり、身体を動かしたり、内臓をはたらかせたり…
ほとんどの生命活動に酵素が関わっています。

酵素が不足すると、身体に様々な不調があわられます。
酵素が身体の中から無くなってしまうと、
おれたちは生きていられないんですよね!

酵素は身体の中でも作られるんですが、
その量には限度があるので、
ご飯から酵素をたくさん摂ることが、
健康な日々を送るためのポイントということになります。

ちなみに、
酵素は、3,000種類以上もあるといわれています。

しかし、その酵素のほとんどが、
48℃〜70℃の間で壊れていきます。

なので、
熱に弱い酵素を効果的に摂るには、
野菜、フルーツ、刺身といった
生の食品に頼るしかありません。

といっても、
ご飯の中で生の食品を大量に食べる…
というのはなかなか難しいですよね?

そこでもう一つの
酵素が多いミラクル食品の出番です。

その食品とは、
味噌、納豆、ぬか漬け、キムチ、などの発酵食品。

みなさまは、発酵食品を、
日々のご飯の中で食べていますか?

発酵の期間が長いものほど、酵素の働きが強く、
身体に良いみたいですよ。

生の食品だけでなく、
納豆や味噌やキムチなどの発酵食品を、
積極的にご飯に取り入れてみてはいかがでしょう。

ご飯に酵素が含まれていないと、
身体の中の酵素が「食べたものの消化」にばかり使われてしまうので、
「新陳代謝=疲労回復」に使える酵素が少なくなってしまいます。

酵素の多い食品をご飯で摂っていれば、
身体の中の酵素と食品に含まれる酵素とで、
「消化」も「新陳代謝」もしっかり!
生の食品、発酵食品を日々の生活で取り入れましょう!