■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:06月26日

くだらないことで不条理な父…

ミーが小学生の頃、
勉強でわからないところがあって父に聞きに行くと、
最初は機嫌よく教えてくれようとするが…

結局理解できず最終的に
「授業をちゃんと聞いとかないからだ」と逆に叱られた。

中学、高校の思春期に入ると
ミーは父によく反発するようになった。

その時ミーがよく思ったのは、
父のようにはなりたくない…ということだった。

安月給の中小企業サラリーマン、
会社でストレスを溜めてきては家庭でやつあたり、
休みの日は家でだらだらとテレビの前で横になり、
そんな父に対し
お母さんはぶつくさとミーに愚痴をこぼす。

ミーは父が嫌いなわけではなかった。
ふざけたことばかり言う父が好きだった。
だが、父のようにはなりたくなかった。

ミーが大学に入った頃、父は鬱病にかかった。

会社の経営が傾いたことが大きな理由だった。
父の苦労など気にも留めず、
ミーは近所にアパートを借りて家を出た。

時々家に帰ると平日の12時なのに
父は会社にも行かずテレビの前で横になっていた。

ミーを見ると相変わらず冗談を口にするが、
その顔には疲れがにじんでいた。
人生への疲れに見えた。

就職してからミーは、
父の苦労が少しずつわかるようになった。

ミーはストレスから2年で会社をやめ、
今は公務員を目指して勉強している。

父はまだ病気と闘っている。
お母さんによると、
会社も以前よりは行けるようになったそうだ。

1日1日を、自分と戦いながら生きている。
弟、お母さんを守る為に…

もしかしたら
ミーに父らしさを見せようとしているのかもしれない。

ミーは父のようになりたくなかった。
でもミーはまだ父を越えられない…